「安楽死」を考える  
それは現代社会のパンドラの箱か

超高齢社会を迎えつつある日本では、
「人生の終わり方」への関心は高いにもかかわらず、
安楽死の是非についての議論が、これまで活発だったわけではありません。

ニコニコドキュメンタリーでは、
日本における安楽死の議論の場をつくるべく、
「死は自由に選べるべきか」というテーマのもと、
〈安楽死〉についての特集を行いました。

生放送
2019.01.13(日) 21:00~ タイムシフト公開中

【安楽死も大麻もOK】自由の国オランダ ぶらり街歩き生中継

世界で最初に「安楽死」を合法化した国、オランダ。
合法なのは「安楽死」だけではなく「大麻」も「売春」もOK。
自由の国オランダでは毎日が「日本の非日常」。
そんな国の日常を、運営が街歩きでお届けします。

視聴する
生放送
2019.01.14(月) 19:00〜 タイムシフト公開中

【1分で死ねる社会へ】安楽死大国オランダから最前線を独自レポート

世界最多年間6000人が安楽死する〝安楽死大国オランダ"。
現地から、安楽死に関わるキーパーソンを徹底取材、
安楽死へのハードルが下がり続ける現状を独自リポートでお届けします。

番組内容

オランダでの安楽死は世界最多の年間6000件。
2001年の法制化から、その数は3倍に増えている。
この番組では、法制度・思想の面(ソフト面)と薬や装置(ハード面)
その両面で安楽死のハードルが下がっている実態に迫っていく。

視聴する
動画
2019.01.14(月) 19:00〜 動画公開中

安楽死大国オランダ【1分で死ねる社会へ】その最前線とは?

世界最多年間6000人が安楽死する〝安楽死大国オランダ"。
現地から、安楽死に関わるキーパーソンを徹底取材、
安楽死へのハードルが下がり続ける現状を独自リポートでお届けします。

こちらは生放送後に映像編集を行った
ディレクターズカット版になっております。

視聴する
動画
2019.01.14(月) 22:00~ 動画公開中

『安楽死トラブル〜死んだらどうかと医者が言う〜』

「あなたの病状はひどいので安楽死をしては?」
手術のあとに、医者にそんなことを言われたら…。

この悪夢のような状況は、
安楽死が合法化された国々で実際に起きている。

本作ではアメリカやオランダなどで、
安楽死の法解釈が拡大されていった過程に迫り、
致命的な欠陥をもった安楽死の制度設計を解き明かす。

作品情報

原題:FATAL FLAWS
カナダ / 2018年 / カラー /字幕版 / 55min
監督:ケビン・ダン

視聴する
動画
2019.01.15(火) 20:00~ 動画公開中

『私が決めた、私の死に方〜密着・安楽死ドキュメント in ベルギー〜』

世界で一番「安楽死」の制約が緩い国として知られるベルギー。

本作は、そんなベルギーを舞台に、
群発性頭痛で苦しむ33歳の男性が安楽死を検討する様子や、
精神的苦痛を理由に安楽死を選んだ85歳の女性が
「実際に安楽死する瞬間」を捉えた作品。

作品情報

オーストラリア / 2015年 / カラー / 字幕版 / 55min
監督:ブレット・メイソン、カリスト・ワイテンベルグ

視聴する
動画
2019.01.15(火) 21:00~ 動画公開中

【安楽死を問う】それは現代社会のパンドラの箱なのか? 日本の現状を専門家と徹底議論

「安楽死」「尊厳死」「自殺幇助」といった言葉の定義から、
日本でこれまで重ねられてきた議論をふまえ、
安楽死についての様々な問題を専門家とディスカッションする。

出演者 (敬称略)

町亞聖(フリーアナウンサー/司会)
立岩真也(社会学者)
鈴木裕也(日本尊厳死協会副理事長)
只木誠(刑法学者)

視聴する